コンクリート工事業者は実績を確認することが重要

コンクリート工事業者の選び方~実績や資格の有無を確認する~

撤去されたコンクリートの行方

コンクリートを敷き詰めている場合には自分で破壊することは避け業者に依頼して撤去や処分を依頼することが無難です。解体業者などが廃棄物として処分を行ってくれます。

比較で分かる業者を選ぶポイント

自分の理想に近いものを提示する業者を選ぶ

自分の希望する業者を探し出すことが必要です。業者ごとにそれぞれ強みが異なります。自分のイメージを話して見積もりを取得し。イメージを伝えることによって理想により近いところを探し出すことが出来ます。

今までの実績をチェックする


大規模だからと安心ではなく、また小規模の場合はすべてを一人で行っている場合もありメリットもデメリットもあるため、規模ではなく今までの実績で確認することが重要になります。

コンクリート工事業者は実績を確認することが重要

工事

資格を持った専門業者を選ぶ

建築コンクリートブロック工事士やブロック塀診断士などさまざまな資格があります。資格を持っているから安心ということではありませんが、資格を所有しているからこそ、プロとしての経験にプラス知識が加わっています。

料金設定が明確な業者がベスト

なるべくコストをかけたくないからと安さだけを追い求めずに、見積書の内容を確認します。料金設定が明確になっているか、どんなものやどんな工程また材料が使われているかなど、金額だけでなく内容をチェックすることが大切です。専門的なことも多いため判断が難しいですが、過度な値引きは後にトラブルに発展することがあります。見積もりは数社取得し、曖昧な料金設定の業者は避けるようにします。

工事を依頼する前にお客様満足度を確認しておく

インターネットの普及からさまざまな分野の口コミを調べることができます。コンクリート工事を依頼する前に会社名などで口コミを調べることは十分可能です。初めの印象と契約したら違っていたということがないようにインターネットで検索してみることがおすすめです。

優秀な業者の特徴を把握することで失敗を防げる

インターネットで業者を探すことができますが、優秀な業者を探すときの方法のひとつに電話で資料請求をしてみるという方法があります。電話対応が悪かった、印象が良くなかった場合には避けるべき業者となります。また問い合わせをしている段階で、要望を聞き適切に対応する業者ではなく、契約を進めようとする業者があります。状況を見ないで価格の交渉をしてくる業者は避けるようにします。

広告募集中