アトピーは食事で改善できる|パクパク健康食

女の人

腸内環境を整えて免疫向上

緑の錠剤

免疫機能の低下

繰り返す皮膚の炎症であるアトピー性皮膚炎は、湿疹やかゆみを伴い非常に悩ましいものです。アトピー性皮膚炎の原因は体質や環境が絡んでおり、原因が一つとは限らない問題と言えます。アレルギーを起こしやすい体質であったり、アレルゲンやその他の刺激物に反応して起こります。アトピー性皮膚炎の原因で良く知られているのは、肌のバリア機能の低下です。健康な皮膚であればバリア機能により外敵から身を守っています。しかし、バリア機能が低下すると外敵が侵入しやすくなり、免疫機能が働き外敵を追い出そうとします。その反応として、湿疹やかゆみの症状が現れるのです。このように、アレルギー体質というのは免疫機能が大きく関わっています。アトピー性皮膚炎を改善するには、この免疫機能がポイントと言えます。

乳酸菌を取り入れる

免疫機能が働く時には、NK細胞やT細胞などの免疫細胞が活躍します。これらの免疫細胞は、実は腸内で作られているのです。腸内には、多くの腸内細菌が住み付いています。この腸内細菌は、免疫細胞のトレーニング相手という重要な役割を果たしています。トレーニングを受けて一人前になった免疫細胞が、体内で活躍するというわけです。腸内細菌を増やすことこそが、アトピー性皮膚炎改善につながると言えます。腸内細菌を増やすには、乳酸菌やビフィズス菌などを含む食品を取り入れることが有効です。乳酸菌は風邪予防だけでなく、アトピー性皮膚炎改善としても注目されています。乳酸菌飲料や、サプリメントなどの健康食品が多数販売されています。より良い乳酸菌を選ぶポイントは、より多くの種類の乳酸菌が含まれていることや腸内に届く強い乳酸菌が含まれていることです。アトピー性皮膚炎の改善には、体の内側から免疫機能を高めることが大切です。また、体の外側から肌の保湿を心掛けることも重要です。